))ホームに戻る ●殻付きカキのむき方 ●カキの下ごしらえ

カキの保存方法

殻付のカキは乾燥に弱いため、風のあたる所を避て涼しい所に保存してください。

冷蔵庫に入れる必要はありません。(冷蔵庫内は乾燥している為)

湿気を保つために、かるく湿らした新聞紙等をかぶせ、箱に入れて保存するのが良いでしょう。

ただし室温が高い場合は、乾燥しないように、湿らした新聞紙をかぶせ冷蔵庫での

保存をおすすめします。

 カキは大変強い生命力を持っています。

状態が良ければ、中には10日前後生きている個体もあるでしょう。

それでも、やはり鮮度が大切ですから、3日位で食してください。

日増しに殻の開いたカキが目立つ様になりますが、指で殻を閉じる様に刺激して

閉じれば活きています。

傷んだ物を加熱すると、鼻に残る臭いがするので、簡単に判断できるでしょう。

 

 

むき身のカキの保存方法

むき身のカキはチューブに入れたまま冷蔵庫で保存して下さい。

鮮度が勝負ですから当日に食する事を勧めますが、2、3日は大丈夫です。

一度で使い切れない場合は、別の容器に入れ替えて海水に浸して保存して下さい。

海水は、お買い上げ頂いた時にチューブに入っている殺菌海水を使用すると良いでしょう。